Photo Gallery Fine Instruments&Bows このコーナーでは、当社にて展示している楽器をご紹介いたします。

  

 

VICTOR FETIQUE(1872-1933) SOLD OUT

 

V.FETIQUEは、A.LAMY、E.SARTORYなどと共に、

特に知名度の高いモダン・フレンチボウメーカーの一人です。

MIRECOURTのCharles Nicolas Bazin工房、PARISのCaressa & Francois工房を経て、

1913年に独立しました。

 

この作品は、1925年頃製作されたもので、上質なフェルナンビューコ材が使われた角弓です。

この弓の製作者は、PAUL WEIDHAAS(1894-1962)で、V.FETIQUEの弟子であり、

しばしば師の仕事を請け負っていたようです。

V.FETIQUEの歯切れの良さと、P.WEIDHAAS独自の味と思われる柔らかい音色が

絶妙にブレンドされた良弓です。

 

P.FETIQUE(左)とP.WEIDHAAS(右)のツーショット写真

゛L'ARCHET(Ⅲ)"p.158-No.23

 

【J.F.Raffin鑑定書】

 

   

 

 

 

CHARLES NICOLAS BAZIN(1847-1915)SOLD OUT

 

 

C.N.BAZINは、19世紀中頃から20世紀初頭にかけて活躍した製作者で、

多くの才能ある弟子達を育てました。

フランス弓製作の伝統を守り、さらに近代的な方法を取り入れたフランス弓製作史上においても

欠かせない重要な存在です。

 

この作品は、1895年頃に製作されたもので、J.HELの刻印が押された角弓です。

彼の技術が確立された時期のもので、スタンダードの高い優れた弓となっています。

 

【J.F.Raffin鑑定書】

  

 

CHARLES LOUIS BAZIN(1881-1953)SOLD OUT

 

 

C.L.BASINは、父親C.N.BAZINのもとで修業し、BAZIN工房を引き継ぎました。

数多くの弓を製作した彼は、多くの職人を育てた業績でも評価される人物です。

 

この作品は、1930年頃製作されたもので、上質のフェルナンビューコ材が使用され彼の作品の中でも最高のクラスであると評価されて良いでしょう。

豊かな響きを持ったバランスのしっかりした弓です。

 

【J.F.Raffin鑑定書】

  

 

EMILE AUGUSTE OUCHARD Fils(1900-1969)

 

E.A.OUCHARDは、20世紀の偉大な弓製作者の一人です。

父親のEMILE FRANCOIS OUCHARDと共にCUNIOT-HURYの工房を引き継ぎ、

その後、彼自身が独立してからも多くの弓を製作しました。

ニューヨークにも渡っており、Wiliam Lewis&Son社と契約を結ぶなど、アメリカでも活躍したようです。

 

この作品は1930年頃に製作されたもので、MARCEL FETIQUEの刻印がうたれています。比較的初期のもので、ダークレッドのとてもしっかりとした上質のフェルナンビューコ材が使用されています。

現代の演奏家の求める機能を備えた銘弓といえるでしょう。

 

【J.F.Raffin鑑定書】