Photo Gallery Fine Instruments&Bows このコーナーでは、当社にて展示している楽器をご紹介いたします。

    

                                         

CLAUDE AUGUSTE THOMASSIN(1865-1942)

 

CLAUDE AUGUSTE THOMASSINは、当時多くの職人が働いていたMIRECOURTのC.N.BAZIN工房で弓の製作を学びました。PARISへ移動の後、GAND&BERNARDEL工房、CARESSA&FRANCAIS工房で経験を積み、その後独立し多くの弓を製作しました。

 

 この作品は、1900年頃製作されたもので、GASTAVE BERNARDELのブランドが刻印されています。非常に上質の材料が使用され、C.THOMASSINの作品の中でも最高レベルの仕上がりです。豊かでしっかりとした音色を持つ弓です。

 

【P.Childs鑑定書】

  

 

CLAUDE AUGUSTE THOMASSIN(1865-1942)

 

CLAUDE AUGUSTE THOMASSINは、当時多くの職人が働いていたMIRECOURTのC.N.BAZIN工房で弓の製作を学びました。PARISへ移動の後、GAND&BERNARDEL工房、CARESSA&FRANCAIS工房で経験を積み、その後独立し多くの弓を製作しました。

 

この作品は、1910年頃製作されたもので、上質のフェルナンビューコ材が使用され、フェルールはTHOMASSIN独特の丸みを帯びたスタイルです。上品で、しっかりした音色を持つ逸品です。

 

【P.Childs鑑定書】【J.F.Raffin鑑定書】

  

 

PIERRE SIMON(1808-1881)

 

PIERRE SIMONは、D.PECCATTEを継承する、優れた弓製作者として知られています。また、J.B.VUILLAUMEの工房でも働き、彼の為に多くの弓を製作しています。彼の作品は、PECCATTE-VUILLAUME Schoolを基盤としていますが、独自の個性的なスタイルを築き上げています。

 

この作品は、1855年頃製作されたもので、典型的なP.SIMONのスタイルであり、オリジナルの良い状態を保っています。また非常に高いクオリティーの音質を持ち、当製作者のオリジナリティー溢れる秀作となっています。

 

[P.Childs鑑定書] [J.F.Raffin鑑定書]

 

 

George Ullman(n)(1879-1946)は、ヨーロッパ各地を渡り歩いた製作家だそうです。Eric Blot氏による『Liuteria Italiana』では、MILANOの製作家に位置付けられています。彼は製作家としてはもちろん、弦楽器の専門家(鑑定家)としても大変重要な人物だったようです。

 

本作品は、彼がTORINOにいた、1917年の作品で、Stradivariのモデルを忠実に摸しており、木工技術、ニス共に素晴らしく、また音色も上品で、奥深い味わいのある作品です。

  

 

 

Vincenzo Sannino(1879-1969)は、NAPOLIの製作者で、ガリアーノ・モデルのコピイストとして有名です。彼の楽器自体の作りは非常に正確で、独特の品のある仕上がりです、他のコピイストとは一線を画した製作者と言えるでしょう。

 

この作品は、1914年に製作されたもので、ガリアーノ・モデルに基づいて忠実に製作された、典型とも云える作品です。音は深みのある暖かいイタリアントーンで、魅力的な雰囲気のある逸品です。

  

 

 

Natale Novelli(ca.1908-1981)は、MILANOの偉大な製作者G.Pedrazziniの甥にあたり、弟子でもありました。G.Pedrazziniが亡くなるまで、彼の工房で献身的に働き、それ以降も独自に素晴らしい楽器を製作していきます。今日、Natale Novelliの作品はG.Pedrazziniと並び称される程に高く評価されています。

 

このビオラは、1949年A.STRADIVARI生誕300年記念展示会がCREMONAで開催された際に出展されたものです(楽器の内側に出展された際のラベルが貼られています)。

 

Body Sizeは41.2cmで、非常に弾きやすく、音の立ち上がり、響き共に抜群です。

  

SOLD OUT

Gaetano Sgarabotto(ca1878-1959)は、G.Ornati , F.Garimbertiと共に、現代の製作家達のお手本的な存在として評価されている製作家です。R.AntoniazziとL.Bisiach Sr.から教えを受け、19世紀から20世紀に受け継がれた弦楽器製作史上、特に重要な製作家と位置付ける事ができるでしょう。

 

この楽器は、VICENZA時代の作品で、確かな技巧に基づき、美しく精巧に仕上げられ、非常に美しく明るいオレンジブラウンのニスが施されています。クレモナの若き製作者達の憧れとなっている意味が良く理解できる作品です。

 

≪A.Versari著 "Liuteria Moderna in Emilia-Romagna" p162 掲載楽器≫ 

    

 

JOSEPH ALFRED LAMY(1850-1919)

 

近代弓製作史上の中でも傑出した弓製作者の1人です。F.N.VOIRINのもとで長い間アシスタントを務め、彼に匹敵する技術を身に付けました。彼の作品はJ.B.VUILLAUMEの流れを汲む、VUILLAUME-VOIRIN Schoolに属すると考えられています。

 

この作品は、1915年に製作された弓です。彼の作風の特徴が良く表れており、音質は明るく透明な音色を持つA.LAMYの傑作です。

 

[J.F.Raffin鑑定書]